大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration:CBD)

今回は大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration:CBD)について。CBDもPSPとともに神経変性疾患に分類される疾患ですが、典型的な症状に乏しく、ほかの神経変性疾患との鑑別が困難な疾患です。この疾患も原因不明で、根本治療法も確立されていません。症状に左右左があり、比較的緩やかです。人口10万人あたり2人の発症率であり、40から80歳で発症、ピークは60歳代です。主な症状は、パーキンソン症状(指先の細かい運動が困難になる「巧緻動作障害」、安静にしている時に手指の震えがみられる「安静時振戦」、筋肉が固くなり、手足が動かしづらくなる「固縮」、転びやすくなったり、歩行の際に足が出しづらくなったりする「歩行障害」)と大脳皮質症状(筋肉の緊張の異常、他人の手兆候、半側空間無視、失行)です。そしてこの疾患でも、タウタンパク質の4R型のアイソフォームから構成される線維構造物が蓄積みられ、この線維構造物は脳内の特定の部位(前頭葉、頭頂葉、黒質緻密帯)の神経細胞に蓄積し、神経細胞の数も減少します。さらに、淡蒼球や視床にも変性が認められますが、その原因は不明です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント