熱中症対策:水分補給よりも涼しい場所

蒸し暑いです。熱中症の心配もしないといけなくなってきました。高齢者と暮らしているので、先日の暑い日に一定時間おきに体温測定をしてみました。朝8時からほぼ2時間おきに、水分補給とともに体温測定。空調はいれませんでした。すると?朝8時には36.5℃だったのが12時には37℃、14時には37.5℃(冷却マット投入)、16時には37.2℃、平熱…

続きを読むread more

進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy: PSP)

進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy: PSP)という病気はあまり聞きなれないものと思います。この疾患は神経変性疾患に分類され、その症状は、パーキンソン症候群や前頭側頭葉型認知症にまたがっており、発症の原因は不明、確立された治療法はない難治疾患です。この疾患はパーキンソン病(Parkinson …

続きを読むread more

大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration:CBD)

今回は大脳皮質基底核変性症(corticobasal degeneration:CBD)について。CBDもPSPとともに神経変性疾患に分類される疾患ですが、典型的な症状に乏しく、ほかの神経変性疾患との鑑別が困難な疾患です。この疾患も原因不明で、根本治療法も確立されていません。症状に左右左があり、比較的緩やかです。人口10万人あたり2人の…

続きを読むread more

あと一年、東京五輪は?

先週の24日の休日はスポーツの日として、2020五輪に合わせて制定された祝日です。しかし、五輪は延期、4連休は外出自粛という形で、本来の目論見は散々になってしまた結果になりました。でも予定ではあと一年と変更された東京五輪ですが、まだまだ問題があります。もし仮に、日本の感染状況が好転して、国内は安全安心となっても、海外から来日する選手のみ…

続きを読むread more

東京だけnot GoToトラベル・キャンペーン

この4連休の間、都知事は外出をできるだけ控えるように、と呼びかけました。これでは都民は萎縮してしまい、精神的に鬱になってしまいますね。せめて、東京都は都民にピザなどの宅配サービスの食料のサービス券くらい配ってくれればと思ったのは私だけでしょうか? または、都がバックアップしてくれて、東京都民を証明する免許証やカード類を都内のお店で見せる…

続きを読むread more

PETプローブ

PETとは、positron emission tomography 陽電子放出断層撮影の略で、放射能を含む薬剤を用いて、心臓、脳などの体の中の細胞の働きを断層画像として捉える核医学検査の一種。これにより病気の原因や病巣、病状を的確に診断することが出来ます。そして、この検査が認知症などの神経変性疾患の診断にも応用されています。今回は、進…

続きを読むread more

利便性の追求は、隙をつくる?

アメリカによる中国ファーウェイ社製品の使用規制で表面化してきた次世代通信規格「5G」に関わる問題は、さらに拡大。米政府は中国5社製品使う企業の取引排除を発表しました。5社とは、排除の対象になるのは通信機器大手ファーウェイやZTE、監視カメラメーカーのハイクビジョンやダーファテクノロジー、無線通信ハイテラ。米政府はこれらの社の製品を通じて…

続きを読むread more

GoToトラベル or GoToトラブル

先週も触れたGoToトラベルのキャンペーンですが、地方自治体からの抵抗や東京除外などですったもんだしています。話を整理すると、成立した予算のうちの約1兆円規模の予算を新型コロナ感染症で打撃を受けた旅行業界支援のため、感染終息後の経済のV字回復の弾みをつける意味もあり作られたものです。でも、感染症の終息もなく何も達成していない状況でスケジ…

続きを読むread more

第二波到来?

新型コロナ肺炎感染の第二波到来?が指摘されています。3月から5月にかけての感染者の検出法や対象に違いがあり、単純には比較できないと思いますが、再び感染者が増加している可能性は高いのでしょう。コロナウィルスということで、高温多湿の季節には感染力が弱まるという予想でしたが、期待したほど感染力の低下は見られないということで、新しい性質を獲得し…

続きを読むread more

レジ袋有料化

今月に入ってからコンビニやスーパーに買い物に出かけると、レジ袋有料化!という張り紙を見かけるようになりました。私は布製のトートバックを折りたたんで持ち歩いているので普段はレジ袋を必要としていないのですが、いざ買い物が多くなってしまうと必要性も出てきます。政府のhHPを見てみると、実はレジ袋有料化は「お願い」だったということです(http…

続きを読むread more

感染症の爪痕

週末ですが、用事があり山手線沿線の駅周辺を歩くことになりました。もちろん立地的に駅周辺にはビルが乱立しています。雑居ビルには複数のオフィスが入居していて、入り口にはその名簿のように各階にオフィスを構えている社名が掲げてあることが多いのですが、空白の部分が増えているように思いました。これも新型コロナの影響なのでしょうか? 家賃が払えなくて…

続きを読むread more

休眠

睡眠と冬眠の違いをご存知の方も多いと思いますが、休眠?って何と思う方も多いと思うので調べてみました。定義がちゃんとありました。哺乳類は一般的に37度付近の体温を維持するように代謝制御される恒常性をもつ。しかし、冬季や飢餓などの危機的状況において低代謝状態に移行し、生存のため通常では組織障害を生じる程度の低体温となる種も存在する。この制御…

続きを読むread more

リード

唇の怪我はだいぶ良くなってきたのですが、流石に楽器を吹くにはまだ困難もあります。ペンだこのようになっている部分があり、楽器の固定がうまくできないことから、ひっくり返ったような音が出ることもあります。しかし、以前購入したalto venovaはいい感じでなるようになってきて、その振動に口の方がついていけないようなときもあります。私はまだ付…

続きを読むread more

エンジェル赤盤

Furtwängler-Wiener PhilharmonikerのBeethoven交響曲集の東芝エンジェル・レコードによる統一ジャケットの田園交響曲を見かけ購入。中を見てみると、なんと赤盤! 赤盤は本来Ever clean(イギリス人の心的憧れはever green!)レコードといわれ、LPレコードの大敵である埃がつきにくい素材を用…

続きを読むread more

不作為の罪

熊本県の水害についてですが、とても心配に思っています。数年前は熊本城が壊れてしまうということもあり、九州はこのところ災害続きです。実のところ、私たちの住んでいる地面の下や海・海底についてはまだわからないことも多く、そのため地震などの予知はまだかなり難しいと思います。しかし、先日記述したようにコンピューターの能力向上により、天気予報の精度…

続きを読むread more

冷風機(扇)

夏になるとネットなどでよくみかける冷風機(扇)。その構造・原理を調べてみると図のようになります。原理は打ち水の要領で、水をより高温の地面などに撒くと、その地面の熱は水に奪われて冷却され、その上を通る風の温度も冷され、涼をとれるというもの。となると、扇風機の周囲に冷媒をおいて、その周囲の冷却された風の下流は涼をとれるということになります。…

続きを読むread more

災害予測をスーパーコンピュターで!

今日は7月7日七夕ですが、あいにくの天候のため夜空の観察はできません。九州を中心とした災害には心が痛みます。ほんの先月日本のスーパーコンピューター富嶽が世界一になったという朗報もあったのですが。さて、このスーパーコンピュターについては、その開発に関して二番ではいけないのか?ということを言った国会議員もいたのですが、何に役に立つのか?とい…

続きを読むread more

ヘリコプターorドローン?

週末都内にいました。ほぼ1日中、断続的にですがヘリコプターの音が聞こえました。これは、気象報道のため?あるいは都知事選関係のもの?かは不明ですが、かなりの騒音です。九州地方の災害や太平洋側の大雨などにより被害を受けられた方もいると思います。救命救助のためのヘリコプターは緊急のため必要なのですが、単に報道のためなら困ることもあるかな?と思…

続きを読むread more

Carlos Kleiber

今や伝説?となってしまった名指揮者Carlos Kleiber。7月3日は彼の誕生日。生まれは1930年ということで今年は90年のアニヴァーサリー・イヤーということです。もう亡くなって16年経っており、さらに90年代の半ばからは、稀にしか演奏会にすら登場しなくなってしまいました。私の年代には熱狂的に迎えられ、キャンセルの可能性があるのに…

続きを読むread more

ギースベルト「アルト・リコーダー教本」

先日リコーダーについての記述をしました。良い練習曲集がないかと思って探していたところ、ギースベルト「アルト・リコーダー教本」をみつけ購入しました。解説は簡素なのですが、140曲程練習曲がおさめられています。付録の曲集には、テクニックの練習曲、18世紀の作曲家による独奏曲などがまとめられています。18世紀の作品には、演奏楽器の指定のないも…

続きを読むread more

マエストロもびっくり

マエストロ! 私にとって指揮者でマエストロというとArturo Toscanini氏をさすことが多いです。イタリア・オペラのみならず、19世紀から20世紀にかけてヨーロッパのクラシック音楽界において、このマエストロが存在したことは幸運であったと思います。このマエストロはチェリスト出身で、Verdi翁の目の前でその作品をピット内で演奏した…

続きを読むread more