8月6日

75年前の今日、広島にウラン型原子爆弾が投下され、非戦闘員である一般市民の多くが亡くなり、また、生存した方々も後遺症やこの爆撃が原因の疾患でなくなりました。当時の国際法からも、この爆撃は違反です。米軍は原爆症と名付けられたこの原爆投下によって引き起こされた疾患について、患者を診察し、また亡くなった後は、臓器などをアメリカに研究用の飼料と…

続きを読むread more