テーマ:文化 culture

お彼岸

今年の秋のお彼岸は秋分の日である22日を中日として19日から25日まで。その前週となる週末に墓掃除に行ってきました。私の場合一族の墓の面倒を見ないといけないので、一族で管理している墓地の草むしりや立木の枝払いなどしてきました。夏にはお盆で掃除をしたのですが、あっという間に草ボーボー。半日ほどかかることに。生きているうちに=此岸(しがん)…

続きを読むread more

形あるものをのこすこと

芸術の中でも音楽は知識と技術を要求されます。言葉をある程度知ってくると詩や物語など作れます。絵画も幼児の描いたものにドッキリすることもあります。音楽もちょっと口ずさむ歌なども幼児でもつくれると思いますが、クラシック音楽のように旋律だけでなく、和声、形式などの知識を必要とし構成力を有するものはちょっと無理な気がします。もちろん、文学や絵画…

続きを読むread more

静かなお盆

週末用事があったので、東海地方のある都市に行ってきました。例年ですと15、16日あたりは帰省先からのリターンラッシュですが、駅や電車はガラガラ。とても静かなお盆だったということです。こうした状況で日本の風習・伝統・文化が変わってしまうことはとても残念です。ところで、今回気になる状況に出くわしました。それは東京などの大都市では三密といって…

続きを読むread more

お箸

お箸は日本を含め漢字文化を持ったことのある地域において使われてきました。日本で箸が使われ始めた起源は不明ですが、聖徳太子がお使いになったということを聞いたことがあるので6世紀くらいには伝来していたものと考えられ、その後一般にも広まったのではないかと思います。さて、それに比べて欧米では? フランスの王がイタリアのメディチ家からカタリーナさ…

続きを読むread more

都市開発という名の地域破壊

先日、所用があり、その近くの都内の商店街にも行ってしました。この商店街は私が子供の頃によく両親と行ったところで、驚いたことにシャッター商店街に変貌していました。場所的には西武池袋線で数駅(池袋から10分以内の乗車時間)行ったところで駅の周りというのに。この付近は東京都の都市計画なるもので道路拡張に商店街すっぽり土地が都に買収されていると…

続きを読むread more

桃と豆

今日は節分ですが、ちゃんとした節分の豆には桃の霊力が与えられているということです。ちゃんとしたというのは神社から手に入れたもの、神棚においていたものということです。桃の霊力については古事記に記載があります。妻のイザナミを亡くしたイザナギが黄泉の国に会いに行ったとき、見ないで欲しいと言われた顔を無理に見てしまいました。すると、変わり果てた…

続きを読むread more

源氏物語

紫式部作の源氏物語は平安時代中期に成立していたといわれます。文献として初めて出てきたのは1008年(寛弘5年)とされます。高校の古文の教科書にも一部が採用されているので読んだこともある人もいるでしょう。桐壺帝の皇子として生まれた光源氏を中心とした恋愛物語とみられますが、内容は現代の感覚からみてもとても衝撃的。光源氏とは、のちに臣籍降下に…

続きを読むread more

クリスマスプディング

イギリスのクリスマスではクリスマスプディングというケーキ?を食べる習慣になっています。その起源は16世紀ということです。生パン粉、小麦粉、牛脂(バターのようなもの)、卵、砂糖、ブランデーに漬けたドライフルーツなどを混ぜて、ある期間熟成させて焼き上げるというものです。食べる前には柊の葉を乗せ、ブランデーをかけたのちフラッペ(火をつけアルコ…

続きを読むread more