テーマ:認知症 dementia

軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)という状態

軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)という医学用語がよく聞かれ、また目につくようになってきました。簡単に言ってしまえば、健常者(正常の方)と認知症の方の中間の「状態」(つまり認知症かも?と思われる症状が見られる)ということです。MCIの診断基準を1999年に発表したPetersen博士らによる論文に…

続きを読むread more

認知症脳内の蓄積物

認知症患者脳では、通常は細胞内で(可溶性の状態で)機能しているタンパク質が凝集・沈着していることがあります。このように凝集・沈着したタンパク質とその蓄積している脳部位は疾患との関係性が強いので、これらに基づいて病理学的診断を行います。アルツハイマー病では、アミロイドβタンパク質(表には長くなるのでアミロイドとしました)からなる老人斑とタ…

続きを読むread more

認知症の原因

認知症の原因疾患として主にアルツハイマー病などをはじめとした神経変性疾患と脳血管障害があげられます。そして認知症の原因となる疾患の割合を図にすると、アルツハイマー型認知症(67.6%)、毛完成認知症(19.5%)、レビー小体型認知症(4.3%)、前頭側頭葉型認知症(1.0%)、アルコール性(0.4%)、混合型(3.3%)そしてその他(3…

続きを読むread more

認知症の症状

認知症の症状は中核症状と行動・心理症状に分けられます。中核症状として記憶障害、実行機能障害、理解・判断力の障害そして見当識障害があります。記憶障害とは、物事を覚えられなくなったり、思い出せなくなることです。実行機能障害とは、計画を立てた行動ができなくなることです。理解力・判断力の障害とは、考えるス…

続きを読むread more

池袋暴走事故

池袋暴走事故にみられるように、高齢者ドライバーによる事故の報道が急増しています。認知症を発症していない、あるいは認知症診断で陰性の高齢者の認知機能についての研究はようやく注目されてきたようです。もともと高齢者においては認知症か否かのラインはグレーなところがあります。そして認知症の原因としてアルツハイマー病、前頭側頭型変性症、レビー小体型…

続きを読むread more

第38回日本認知症学会学術集会

11月7-9日に第38回日本認知症学会学術集会が東京(新宿京王プラザホテル)にて開催されていたので参加してきました。患者さんによって疾患の表現型というのは個人差があるので、疾患分類は定期的にアップデートされることはよくあります。私が定期的に学会という場に参加するのもそれを確認することにあります。アルツハイマー病に代表される認知症は、その…

続きを読むread more