テーマ:教育 education

雇用に関する意識のズレ

海外から帰国して、いわゆるアカデミックといわれる大学や研究機関に在籍すると、雇用についての考え方のズレに気付かされます。上記の職場では、依然として昔からの徒弟制度のような意識が残っていることに驚きます。ちょっとした書類でも上司から作成を頼まれますが、書類作成にふさわしい立場・身分の職責を求められているものも多く、上司は忙しいという理由で…

続きを読むread more

台風

かつてない規模の台風10号が発生し、九州を直撃する見込みと報道されました。大きな被害にならなければ良いのですが。かつてない規模というのは、観測開始のある時点というのことですが、毎年強大になっていっているようです。そして、これまでにない台風の進行経路なども目立ってきています。気象報道を見ても最大限の注意と身を守る行動を取るように呼びかけら…

続きを読むread more

スターラックス航空

新型コロナ肺炎感染症の影響で冷え込んでいた航空旅行業界に関する話題です。http://japan.cna.com.tw/news/atra/202008170002.aspxというサイトの記事です。台湾のスターラックス航空が桃園国際空港から日本の尖閣諸島の見える空域までフライトし再び同空港に戻る、という出国気分を味わえる「擬似出国体験」…

続きを読むread more

静かなお盆

週末用事があったので、東海地方のある都市に行ってきました。例年ですと15、16日あたりは帰省先からのリターンラッシュですが、駅や電車はガラガラ。とても静かなお盆だったということです。こうした状況で日本の風習・伝統・文化が変わってしまうことはとても残念です。ところで、今回気になる状況に出くわしました。それは東京などの大都市では三密といって…

続きを読むread more

終戦の日

8月15日は終戦の日とされています。今年も75回目になるこの日がやってきます。でも、時系列的にみると、1945年8月14日 日本政府がポツダム宣言受諾を連合国に通告1945年8月15日 玉音放送により天皇陛下から日本の降伏を国民が知らされた1945年9月2日 日本政府がポツダム宣言の履行等を含めた降伏文書に調印となっています。日本の社会…

続きを読むread more

李登輝さん

一週間ほど前ですが、元台湾総統の李登輝さんがお亡くなりになりました。日本統治下の台湾出身の方で、京都大学で学ぶなど日本教育を受けられた方でした。先年お亡くなりになった蔡焜燦さんとともに、日本にとって精神的恩人と私は思っています。その理由は、私が学校教育では日本の自虐史観、社会的には中韓の反日教育などしか教えられなかった中、日本統治下の教…

続きを読むread more

学生のいない大学キャンパス?

新型コロナ・ウィルス感染症の影響は社会の様々なところにみられています。各大学はリモート手段を活用していて、授業などもリモートで行われているようです。もしかすると、学生のいない大学キャンパスになっているのか?と心配にもなります。もちろん、現状の大学では日本人学生のみならず、海外からVISAを取得して日本の大学で勉強する人も増え続けています…

続きを読むread more

9月入学制度議論は感染症対策とは分けて行うべき!

9月入学について以前記述しましたが、やはり4月の最終週に国や地方自治体から議論が出始めました。もともとくすぶっていた議題なので、予測できるものでした。私は数回記述しているように、学校の必要性について意見をもっており、学力検定のような基準をクリアーすれば単位を取得し、高校卒業、大学卒業と同資格を獲得できるシステムで良いと考えています(検定…

続きを読むread more

9月入学6月卒業?

緊急事態宣言が全国対象になりました。5月6日までの自粛ということですが、実際感染が減少するまでの期間は予測できません。感染→発症→治癒の過程が2週間とすると、100%人と人の接触を避ければ、2、3週間の期間での終息は理論的には計算できます。でも、不要不急の外出をせず仕事しないでも、生きていきため食糧などの買い出しもあるので、実際無理です…

続きを読むread more

社会改革

新型肺炎・新型コロナウィルスの影響で、以前記述したようなこれまで踏み込めなかった改革が進むのではないかと考えています。①在宅勤務。先日G7首脳がTV会談を行いました。これを期に会議等のスカイプなどインターネットを利用した開催はもちろんのこと、事務的な仕事の在宅勤務化への転換が現実的になってきたと思います。日程調整の容易化、作業の効率化、…

続きを読むread more

税金の知識

本年度の確定申告等の税金の申告は、新型肺炎の影響で4月16日になりました。いつもは3月15日、この日が土日にかかってしまう年は休日明けとなっています。申告期限が一ヶ月延期となりましたが、忘れてしまうといけないので、今週中に私は提出を目指しています。今回改めて思ったことは、納税は国民、あるいは日本国内で営業する人にとって義務であり、避ける…

続きを読むread more

学校

学校での教育は必要なのか?将来も学校は必要なのか?と思うことがあります。科学に関する仕事をしていると、科学書は5年おきくらいには内容を改定しないと毎年発表される成果に追いついていけないと思うことがあります。しかし、大学等で使用される教科書の内容は10年くらい前の情報に基づいています。検証の必要が残される最新の知見は一般に教えにくいという…

続きを読むread more

こんな臨床医もいるの?

こんな臨床医もいるの?と思ったことがありました。母を地元の総合病院というところに連れて行きました。初めての病院で、大きい病院ではよくあることですが、患者さんがあふれていて待つこと待つこと。病状を聞かれて検査等を行なって診察を受けましたが。30歳代前半くらいの男性の医師が診断にあたりましたが、時期的に院内でマスク着用なのに、鼻と口を出して…

続きを読むread more

野村克也氏

野村克也さんの訃報がありました。私も子供の頃から野球が大好きで、大人になった今でも野球に興味を持てているのは野村さんのおかげと思っています。私の世代までは、野球などの体育会系は上下関係が厳しく、また熱血根性路線の印象は排除できないものでした。でも野村さんは、その時々の経験や気分でなく、正確なデータをもとに選手を指導し、試合の采配を振った…

続きを読むread more

紀元節

2月1日は紀元節、一般に建国記念の日(1966年に制定)とされるです。初代神武天皇が即位された日ということです。どこかで知った話ですが、これを建国記念日とすると、色々と議論が湧き上がるようで、また神武天皇のご存在を疑問視する学者さんもいるようで、何やら複雑な事情もあるようです。しかし、古代の天皇の名称は後から名付けられたもので、初代天皇…

続きを読むread more

正義

正義ほど難しいものはないと思うことがあります。それは人によって、または同じ人でも状況によって異なるためだと思います。育った環境、宗教、教育、哲学、思想、信条などが何を正義とするか影響を与えます。偉い人、尊敬する人の言うことは正義ということもあります。宗教間のトラブルが古くから現在まで続いているのはそのためで、両立し難い対象があるからでし…

続きを読むread more

スマホでカンニング

試験にはこうした残念なことがつきものになってしまっています(https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0119/mai_200119_6468589280.html)。このままでは、試験場に入るときに預けることになるのでしょうか。簡単に情報が取れることは便利ですが、ここにも倫理道徳観が問われます。ところで検…

続きを読むread more

センター試験

最後の?センター試験が行われたそうですが、私の記憶では雪の降る日になることが多いので試験に行くだけでも大変です。共通一次試験として始まったのが1960年生まれの人たちの時なので1978年となるのでしょう。でも現在と目的が違うのです。まず、国公立大のみ(今年は706校のうち国立82、公立91、私立533、公立短大13、私立短大139)、二…

続きを読むread more

変わった子

私の世代は出生率がまだ高く、義務教育の小中学校では1クラス50人くらい(東京都)だったと記憶しています。クラスの中には一人くらい変わった同級生がいて、私の経験では男の子であることが多かったと思います。どういう縁か、私は隣の席になることが多く、その子の家に行って一緒に遊んだりして仲良くなりました。学校では急に大きな声を出したり、席を立って…

続きを読むread more

教科書

日本の学校教育には文科省の認可した教科書が使われています。ということは、文科省と教科書の執筆と編集に関わる人たちの見識と質にその内容が大きく依存するということで、私たちも軽視できない問題ということです。私たちの子供や孫の世代の教育の質に影響するからです。もっとも、各家庭ごとの教育というものは当然大事ですが。科学に関する仕事をしていると、…

続きを読むread more

英会話

フランス、ドイツ、スペイン、イタリアなど一般の生活ではほとんど英語を話さない国から学生、あるいは研究員がイギリスの研究機関に研究者としてのキャリアをつくるために集まってきます。各国の国を代表する大学や研究所の研究室では英語を用いることが多いので、英語でコミニュケーションをとる経験を積むことができます。動詞で言えばgo, come, ge…

続きを読むread more

研究はコツコツと

今週は本年度のノーベル賞のセレモニーがありました。昨日触れた動物行動実験ですが、その先駆けとなった研究の一つが、パブロフの犬として知られている条件反射の研究で、ロシアのイワン・パブロフ博士は1904年に医学生理学賞を受賞されました。受賞タイトルは、消化生理の研究により、その性質に関する知見を転換し拡張したこととなっています。実際の実験は…

続きを読むread more

日本人の学力低下?

3日に公表された国際学習到達度調査(PISA)から日本人中高生の学力低下が報道されます。特に文章の読解力です。新聞や書店の売り上げの低下が顕著であることから活字離れが指摘されます。このため、私には活字離れというのは学生に限ったことではないのでは?と思われます。社会人になられた人にもときどき何を言っているのか?という話をされたり、聞いてい…

続きを読むread more