テーマ:高齢者 senior

足止め

愛知県で用事があり、先週木曜日から滞在し、月曜日帰宅する予定でしたが、台風10号の影響で予定変更して滞在先に留まりました。親を施設にショートステイに預けていたので、こちらも延長に。あらかじめショートステイは延長可能という形で予約していたので助かりました。私のように高齢者の親を抱えていると、ショートステイの予約が2ヶ月先に行わなければいけ…

続きを読むread more

熱中症対策:水分補給よりも涼しい場所

蒸し暑いです。熱中症の心配もしないといけなくなってきました。高齢者と暮らしているので、先日の暑い日に一定時間おきに体温測定をしてみました。朝8時からほぼ2時間おきに、水分補給とともに体温測定。空調はいれませんでした。すると?朝8時には36.5℃だったのが12時には37℃、14時には37.5℃(冷却マット投入)、16時には37.2℃、平熱…

続きを読むread more

小規模宅地等の特例(二世帯住宅のケース)

今年3月16日の記述で小規模宅地等の特例という相続税の優遇措置における同居家族のケースについて。2015年の法改正で、更に緩和があったことを追記します。親子家族の同居の場合、ちびまる子ちゃんの家庭のようにおじいちゃんも加わった昭和期の家族構成はもちろんですが、元々は二世帯住宅の場合はどうなるかという議論はあったそうです。改正前は玄関が一…

続きを読むread more

マスク不足の余波

私は親の介護をしているのですが、週末買い物に行ってみたら大変なことに! 介護用のおむつなどを始め、ウェットティッシュなどほとんど品薄になっていました。そのおいてあるはずの棚には一人一品の張り紙がありましたが、空っぽのお店もありました。4、5店舗回り、結局おしりふきテッシュは子供用のものしか買えず、他のものはサイズがありませんでした。新型…

続きを読むread more

新型肺炎

新型肺炎の恐怖が日本にも迫ってきています。我が家でも老母がいるので緊張感が高まり、外出時のマスクや帰宅後の手洗いうがいなど徹底しないといけないと考えています。アルコール消毒が効果的という情報もあるので、これもあわせて行わないと! 何と言っても高齢者の死因のトップにくるのは肺炎であるので要注意です。新型のコロナウィルスということですが、い…

続きを読むread more

腰部脊柱管狭窄症

多くの高齢者が長距離や長時間の歩行が困難で途中で休み休み歩くような症状(間歇性跛行 かんけつせいはこう)を示すことがあります。腰部の痛みはあまり大きくなく、足が痺れたりすくんだり。こうした場合多くは腰部脊柱管狭窄症と診断されます。腰が曲がっている場合、背筋を伸ばして歩くとさらに痛みが増すこともあります。加齢による背骨の変形、椎間板の膨化…

続きを読むread more

寒さと高齢者

本格的に寒い季節になりました。高齢者を介護していると、色々と気をつけないといけないことが多くなります。寒さから血管の弾力性が落ちて固くなるため血圧が上がりやすくなること、縮こまってしまってリハビリ等の運動をなかなかしなくなってしまうこと、神経痛の頻発など。なるべく部屋を暖かくしたり、日照時間の短縮に関わらず生活のリズムを崩さないように心…

続きを読むread more

池袋暴走事故

池袋暴走事故にみられるように、高齢者ドライバーによる事故の報道が急増しています。認知症を発症していない、あるいは認知症診断で陰性の高齢者の認知機能についての研究はようやく注目されてきたようです。もともと高齢者においては認知症か否かのラインはグレーなところがあります。そして認知症の原因としてアルツハイマー病、前頭側頭型変性症、レビー小体型…

続きを読むread more