テーマ:Furtwängler フルトヴェングラー

思い出のディスク

暑いので、なかなかじっくりと音楽を聴く機会も減っているのですが、時折思い出したようにディスクを取り出して聴くことがあります。8月22日ですが、1954年のこの日は、スイスのLucerne音楽祭でFurtwänglerがBeethovenの9番交響曲を演奏した最後の機会となりました。実際には22日の前後のどちらかの日も同じプログラムの演奏…

続きを読むread more

エンジェル赤盤

Furtwängler-Wiener PhilharmonikerのBeethoven交響曲集の東芝エンジェル・レコードによる統一ジャケットの田園交響曲を見かけ購入。中を見てみると、なんと赤盤! 赤盤は本来Ever clean(イギリス人の心的憧れはever green!)レコードといわれ、LPレコードの大敵である埃がつきにくい素材を用…

続きを読むread more

FurtwänglerのFranck

Furtwänglerフルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルによるFranckの交響曲ニ短調の1945年1月録音は、これまでも謎の多い録音としても知られてきました。まず、演奏日が28日とするものと29日とするものと資料によって異なること。そして、音源のソースが二種類あり、1952年ごろ米VOX社から発売されたレコード、あるいはオーストリ…

続きを読むread more

フルトヴェングラー その生涯の秘密

年末なので部屋の片付けなどをしていると、思いがけないものも出てきます。今回は「フルトヴェングラーその生涯の秘密」という記録映画のポスターが出てきました。私が高校生のとき、友人が新聞に掲載されたこの映画の記事を紹介してくれたので、一緒に観に行った記憶があります。場所は東京銀座のヤマハホール。今もあるのかわかりませんが、その最上階の2つのフ…

続きを読むread more

フルトヴェングラーのLPレコード

何度か取り上げているフルトヴェングラーのLPレコードですが、このシリーズは1980年あたりに発売されたものです。フルトヴェングラーは1947年からなくなる1954年までの8年間にEMIにその主要レパートリーのいくつかを録音しました。しかしベートーヴェンの交響曲全集を完成できなかったことは残念です。でもそのおかげでバイロイトの合唱として有…

続きを読むread more

フルトヴェングラーの指揮棒は魔法の杖?

フルトヴェングラーの指揮するブラームスの交響曲第4番をはじめて聴いたのは、故吉田秀和さん解説のNHK-FMの番組でした。この番組は確か「名曲の楽しみ」というタイトルで、定期的にディスクの紹介をしていたと思います。そこで取り上げられたのがこの演奏。聴いたときの衝撃から解説の内容はほとんど覚えていませんが、フルトヴェングラーの演奏は、テンポ…

続きを読むread more

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー Wilhelm Furtwaengler(1886-1954) (正しい表記はa…

11月30日はフルトヴェングラーの命日ということで私は毎年彼の残した録音を聴くことにしています。亡くなったのは65年前ですので、共演されたり、ライブ演奏を体験された方はほぼご存命でないと思います。写真は私が中高生の頃によく聞いていた東芝EMI WF60006-7という2枚組のLPレコードです。彼の録音の中でも長く聞かれ続けてきているベー…

続きを読むread more