テーマ:お金・税金 money and tax

密告

国税庁のHPを閲覧していたら、「課税・徴収漏れに関する情報の提供」というページがあることを知りました。簡単に言ってしまうと、密告ページです。大手の通販サイトとテナントの間には、配送料無料や低価格の強要などきな臭いニュースも時折聞かされるので、何らかのトラブルがあった場合密告などされてしまうこともあるのでは?と思いました。つい先日アマゾン…

続きを読むread more

財団設立は税対策になる?

一般の人とは無縁の話と思いますが、億万長者といわれる人が財団設立するというのはよく聞く話です。研究助成金を提供してくださる私的な財団というのもたくさんあります。もちろん、成功した方がその財産などの一部を社会のために寄付するという行為はとても素晴らしいことです。アメリカなどでは、寄付文化が深く根付いていて、スケールも大きいです。ロックフェ…

続きを読むread more

除籍謄本?

戸籍法という法律がありますが、その改正にともない戸籍の様式などが変更され、新しい様式の戸籍に書き換えが行われます。この書き換えまえの戸籍を改製原戸籍または単に原戸籍というそうです。ここ数年のIT化の流れで、紙媒体のものをPCに打ち込みデータ化も行われ、このデータ化されたものも改製原戸籍というそうです。また、特別にこうしたプロセスでつくら…

続きを読むread more

高層タワーマンション節税?

相続税における高層タワーマンション節税という文字を一時期良く見かけることがありました。しかし、これには大きな落とし穴があるようです。その理由は土地の評価額は時価をもとに算定されるということで、路線価格によるとは限らないということです。この高層タワーマンション節税説の理屈は、高層階であると比較的価格の高い物件になるけど、物件の面積は同じと…

続きを読むread more

小規模宅地等の特例(二世帯住宅のケース)

今年3月16日の記述で小規模宅地等の特例という相続税の優遇措置における同居家族のケースについて。2015年の法改正で、更に緩和があったことを追記します。親子家族の同居の場合、ちびまる子ちゃんの家庭のようにおじいちゃんも加わった昭和期の家族構成はもちろんですが、元々は二世帯住宅の場合はどうなるかという議論はあったそうです。改正前は玄関が一…

続きを読むread more

空き家問題

都内でも空き家問題が発生し、行政代執行という形で地方自治体が取り壊しを行うケースもあります。対象となる空き家として、「特定空き家」に指定されたものということです。この特定空き家とは? そのままにしておくと倒壊の可能性のある空き家ということのようです。そして行政代執行法というものがあり、その要件として①義務者が義務を履行しない、②他の手段…

続きを読むread more

小規模宅地等の特例

税の申告は無事に終わりましたが、依然として税金の勉強をしています。日本国民の9割はかかわらないと言われる相続税。まず基礎控除額というものがあり、基礎控除額=3000万円+法定相続人x600万円ということです。一人しか相続する人がいないと、3600万円が基礎控除額で、これ以上の金額が相続税の対象となります。税率は相続の額に応じて変わります…

続きを読むread more

キャッシュバック

プロバイダのキャンペーンの一つであるキャッシュバックの手続きを行いました。気がついたらあと3週間くらいまでの起源。プロバイダーからのメールから手続きのページに移動して、手順通りに必要事項を記入し申請すると! 1時間も経たないうちに指定された口座に支払いがありました。つい忙しいと忘れてしまいがちなので要注意です。

続きを読むread more